「Yahoo!ボックス」 vs 「Dropbox」 vs 「SkyDrive」

オンラインストレージと言えば、年額4,980円・容量無制限でサービス開始したのにわずか4ヶ月後には20GB/年4,480円へと大幅劣化したトレンドマイクロの「SafeSync」が記憶に新しいですが、10月5日よりYahoo!もオンラインストレージ分野へ進出するようです。

Yahoo!にはこれまでも「Yahoo!フォト」とか「Yahoo!ブリーフケース」といった似たようなサービスがありましたが、これらよりもっと自由度の高いサービスになるようで、専用ソフトをインストールすればドラッグ&ドロップにも対応するとのこと。

同種のサービスとしてはDropboxやSkyDriveなんかが有名ですが、三者を比較するとこんな感じです。

Yahoo!ボックス

  • 通常会員: 5GB/無料、1TB/月1,000円
  • プレミアム会員: 50GB/無料、1TB/月300円
  • 専用ソフトでドラッグ&ドロップ対応
  • スマートフォンアプリあり

Dropbox

  • Basic: 2GB/無料、Pro50: 50GB/月$9.99、100GB/月$19.99
  • Windows/Mac/Linux/Android/iOS/BlackBerry対応
  • オフラインドライブとして使用可能

SkyDrive

  • 25GB/無料
  • 画像ファイルをそのままスライドショー表示できる
  • Officeファイルがそのまま編集できる

きめ細かなデバイス対応ではDropboxが、オンラインファイルの使い勝手ではSkyDriveがそれぞれ秀でているようですが、こと物置場として考えるとYahoo!ボックスはかなり魅力的です。

SkyDriveの25GBという容量はかなり頑張っていると思いますが、私の場合、ヤフオク用にプレミアム会員(月額346円)を契約しているため、実質無料でYahoo!ボックスの50GBが利用可能。
しかも+300円で1TBまで容量が拡張されるとなると、他のサービスが霞んで見えますね・・・。

正直、かなり大盤振る舞いなサービスだと思うので、あとは「SafeSync」の二の舞にならない事を祈るばかりです(苦笑。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク