Ryzen 5 1600が実はWindows11の要件を満たしている件

PC正常性チェックツールがバージョンアップされて、Windows11に対応していない環境の場合、詳細なNG理由が表示されるようになったとのことで試してみたのですが、非サポートのはずのRyzen 5 1600がプロセッサチェックでOKになるという不思議な状態に。

すったもんだの挙げ句、第一世代Ryzenはサポートしないと明言したからにはPC正常性チェックツールが誤認しているとは考えにくいので、これはこれで仕様通りなんでしょうね。

このような状態になっている原因として思い当たるのは、今回使用したCPUは単なるRyzen 5 1600ではなく1600AFと呼ばれるモデルで、名前は1600だけど中身は2600相当だと噂されていることから、PC正常性チェックツールも型番ではなくリビジョンから第ニ世代Ryzen(相当)と認識した可能性が考えられます。

モデル名で一律弾くのではなく中身を見てちゃんと判断しているのだとすると、マイクロソフトも中々やるな、と褒めてあげたいところですが、実はPC正常性チェックツールがバグってるだけということは無い、ですよね?(苦笑

まぁ実際にWindows 11へ更新してみたら特にエラーや警告もなくアップデートに成功したので、バグの線も無さそうですが、あとは動作が不安定にならないことを祈るばかりです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク