「OCN モバイル ONE」でSplashTop

WiMAX 2+のあまりの遅さに耐え切れず契約満了前に解約してしまったので、その代替として「OCN モバイル ONE」を契約してみました。

「OCN モバイル ONE」は所謂格安SIMというやつですが、大きく分けると

  • 速度制限なし(70 or 100MB/日)
  • 速度制限なし(2 or 4GB/月)
  • 上限500kbps(7GB/月)

の3パターンに分けられるのですが、まずはお試しで一番お安い70MB/日コースを選択。

丁度いい機会なので年末に買って放置していたNEC Terrainに挿して早速契約を~、と思ったらどうも繋がらない・・・。

まさかSIMロックが掛かってる??、と一抹の不安が過りましたが、何の事はない。

「OCN モバイル ONE」はSIMカードを挿した端末から契約申し込みをするのでは無く、普通にインターネット経由で開通申し込みをすればよかった模様(汗。

以前、WiMAXを契約した時がWiMAX回線経由での申し込みだったので、てっきり同じものだと思い込んでいました。

まぁそんな凡ミスはおいておいて、Terrainで使ってみた感じでは不自由なく使える感じです。

ただTerrainの場合、画面上の表記にLTEと表示されていても実は違うという噂なので、今度は富士ソフトのモバイルルータ「FS010W」でチャレンジ。

FS010Wは標準サイズSIMなので、変換アダプタを噛ましての接続ですが、特に問題なくLTEにつながってくれました。

SplashTopを使って自宅のPCに繋いで艦これをやってみたりしましたが違和感もないので、速度的には全く問題ない様子。

ただし最初の10分だけですが(汗。

一日70MBだとやはりストリーミング的な使い方は無理があるようで、上限を超えた途端、あからさまな速度制限がかかってしまい、ブロックノイズだらけでとてもじゃないですが使い物になりません。

そんな訳で70MB/日コースは早々に見切りをつけて2月からは500kbpsコースへ鞍替えしてみたのですが、こちらは速度制限なし状態から比べると明らかに画質が落ちますが、取り敢えずゲームができる程度の帯域は確保できているようです。

ただ、夜は回線が混み合っているためか、朝と比べると体感レベルで分かる程度に速度が劣化しています。

あとはとらのあなとかで商品画像の一覧が出てくるようなところも遅めな感じです。

まぁ1年ほど前の惨状と比べるとドコモの回線品質もかなり向上していると思いますが、それでもまだauのが速いかな?、というのが正直なところです。

私の場合、携帯回線はデータ通信が主で、音声通話は年に数度使う程度なので、夜間帯もキッカリ速度が出るなら格安SIMをメイン回線にするというのも悪く無いと思いますが、この感じだともうしばらくはauをメインで使うことになりそうです。


Array

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク