友人の誕生日で埋め尽くされてしまったGoogleカレンダーを綺麗に削除する方法

Gmailの連絡先に登録している人の誕生日が勝手にGoogleカレンダーへ登録されたせいで、元旦に数十件の誕生日が並ぶという異様な光景となってしまいました(汗。

どうやら連絡先の誕生日にデフォルトで2000年1月1日が入ってしまったようで、おかげで誕生日を入力していない人は軒並み1月1日が誕生日に。

去年はこんなことはなかったと思うので、Googleお得意の知らない間に仕様変更が入ったパターンだと思いますが、このままだとウザったいことこの上ないので対処してみました。

まじめに対応するなら個々の誕生日を入力するか、削除するかになると思いますが、ようはカレンダーに表示させなければいいので、サイドバーにある「他のカレンダー」の中から設定を選んで、「連絡先の誕生日と予定」の登録を解除してあげればOK。

カレンダーが綺麗さっぱり元通りになってくれました。

多分、ソーシャル機能に力を入れたいGoogleが、「友達の誕生日とか表示したら超クールじゃね?」とかいいながら自動で表示されるようにしたんだと思いますが、正直、余計なお世話ですね・・・。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク