Ryzen 5 8600GでBluesky Frame Rate Converterは動くのか?

フレームレート補完で動画をぬるぬる再生できる「Bluesky Frame Rate Converter」がFluid Motion VideoだけでなくAMD Fluid Motion Frames(AFMF)にも対応したことで、もしかしてSocket AM5のAPUでも使えるのでは?、というただそれだけを確認したいがために購入したRyzen 5 8600Gですが、無事動作確認できました。

  • CPU: Ryzen 5 8600G
  • クーラー: CRYORIG R1 Universal
  • マザー: ASRock B650M PG Riptide WiFi
  • メモリ: Corsair VENGEANCE RGB Black DDR5-7200 16GB×2
  • GPU: ELSA GeForce RTX 4070Ti ERAZOR
  • LAN: ASUS XG-C100C
  • SSD: crucial T700 4TB
  • BDドライブ: 日立LG BH14NS8
  • ケース: SilverStone RL08 RGB
  • 電源: Seasonic FOCUS Plus SSR-750PX

Ryzen 5 8600G内蔵のRadeon 760MはiGPUとしては比較的速いとはいえ所詮はGeForce GTX 1650相当なので、dGPUにELSA GeForce RTX 4070Ti ERAZORを採用してみましたが、メイン出力は4070Tiで、動画再生時だけ760MでAFMFを使うという目論見通りの構成が実現できています。

最初MPC-HCで動画再生しても760Mの方を使ってくれず、もしかして併用は無理なのか?と諦めかけましたが、以前Ryzen 5 PRO 4650GとGeForce GTX1070を併用しようとした際、Zero-Copy モードを有効にしたら動かなかったことを思い出し事なきを得ました。

ちなみに「AMD Fluid Motion Videoを有効にする」にチェックが入っていないのにフレーム補完が動いているのは長らくBluesky Frame Rate Conveterを愛用している人間としては何か不思議な感じがしますが、まぁAFMFを使う場合はそうゆうものだとそのうち慣れるか・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク