通信速度が予想外に遅い「b-mobile スマホ電話SIM」は買ってはいけない

「スマホ電話SIM for LTE」へMNPで転入してからまだ3日経っていませんが、驚愕の通信速度のため、早くも再MNPを検討しています(汗。

本格的に使い始めたのは金曜日の朝からですが、横浜駅のホームで早速使ってみたところ、twitterの本文はすぐに表示されるのですが、アイコンが遅れて出てくる状態でした。

続いてブラウザを開いてみると、こちらも何だかスローモーな感じだったので、「SPEEDTEST.NET」というアプリで通信速度を測ってみると、DOWNLOAD:429kbps、UPLOAD:133kbpsなのでやっぱり遅い感じです。

その時は「まぁ朝の駅のホームとか混み合ってるから仕方ないよね」と余り深く考えずにスルーしましたが、会社に着いて再び「SPEEDTEST.NET」を試してみたところ、

  • UPLOAD 179kbps
  • DOWNLOAD 145kbps

という驚愕のスコアが取得できてしまいました(悲。

これじゃぁPHSじゃん・・・。

b-mobileはドコモ回線を間借りしているので、念のためdocomo純正SIMでも試してみましたが、こちらはUPLOAD: 3368kbps、DOWNLOAD:376kbpsという至極まっとうなスコアが出ているので、回線状況に問題は無い様子。

もしかして、「1GBまでは速度制限なし、以降は150kbpsのベストエフォート」という月額定額1980円のプランに契約つもりでしたが、間違って常に150kbpsの月額定額980円のプランを契約してしまったのだろうか?、と思ってMy b-mobileのページも確認したのですが、しっかり51MB使われていたので、あれが全力みたいです。

ちなみにb-mobileは以前にも使っていたことがあったのですが、その時は速度的に全く不満を感じなかったんですよねぇ。

それはつまるところ、『当時は収容数に対して回線の太さに問題がなかったのだけれどここへ来てユーザー数が増加』→『でもドコモへこれ以上回線使用料を払いたくない』→『1回線あたりの収容数を増やせばいいじゃん』→『b-mobile側で速度規制』という図式なんでしょうね・・・。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 弾正忠 より:

    嗚呼、この記事をMNP前に読んでいたら…
    私の場合、お昼休みの時間や夕刻は100kbpsを切ります。ウェブページを表示させることも、メールを見ることもままなりません。これは詐欺です。縛り明けまであと4ヶ月、たまりません。

  2. いなば より:

    僕もイオンスマホ日本通信SIMを買いました。
    200kということで速度的にも期待していましたが。
    同じ速度でiijmioのsimも持っているのでrazikoも聞こえると思って購入しました。
    でもいざrazikoを試してみたら音が途切れて使い物にならないものでした。
    そこそこ使ったらMNP転出するしかないなぁと思っています。
    250kに増速されたDTIのsimが気になりますが、どんな感じなんでしょうね。