Yahoo!のSMS認証との戦い方三選

Paypayが登場したころからだと思いますが、YahooにログインしようとするとちょくちょくSMS認証を求められるようになりました。

スマホで使っている分には別にどうということは無いのですが、スマホを手元に置いていない時にPCでSMS認証を求められるといきなり面倒になります。

一応、今まで通りのパスワード認証へ変更することも出来るのですが、うっかりYahoo!ショッピングでPayPayポイントを使ってしまうと強制的にSMS認証へ戻されてしまうので、Androidに届いたSMS認証をWindows PCで受け取る方法を検討してみた結果、以下の三案が候補に上がりました。

案1)Microsoftのスマホ同期アプリを利用する

Windows10の場合、スマホ同期アプリをスマホへインストールすると、SMSで届いたメッセージを受け取ることが出来ます。

私的にはSMSがアクションセンターで見えるだけで十分満足なんですが、通話や画像ファイルの受け取りも出来るらしいです。

案2)AndroidメッセージをPCのブラウザで見る

こちらはスマホ同期アプリの丁度逆で、Androidが提供するメッセージアプリの内容をPCのブライズで確認することが出来ます。

余計なアプリをインストールする必要がない点は良いのですが、ブラウザを開きっぱなしにしておかないといけないので、使い勝手は正直微妙かな?と思います。

案3)MacroDroidを利用する

MacroDroidはAndroidで処理を自動化するアプリで、私の場合、無線LANが繋がるかどうかでマナーモードのON/OFFを切り替えるのに使っていたのですが、イベントのトリガーの中にSMS着信があるので、SMSを受け取ったらGMAILへメールを送ることが出来ます。

ただ設定にはちょっとコツが必要で、

  • トリガーは「SMSの受信」ではなく、「通知」にメッセージアプリが表示された場合にする
  • メールを送るときは以下を設定する
    • 件名 [not_title]
    • テキストメッセージ [notification]

ことで、SMSのメッセージをメール文面へ入れることが出来ます。

ちなみにMacroDroidは常駐アプリなので、省電力設定から除外しておかないとタスクキラーにプロセスが殺されてしまうのでそこはちょっと注意が必要です。

以上、三案を試してみた結果、安定性は「スマホ同期アプリ」が良いものの、通知を受け取りたいPCが複数ある場合はそれぞれで登録作業が必要になるので、PCが1台ぽっきりならば「スマホ同期アプリ」が、複数台で使いたい場合は「MacroDroid」が良いかな、と思います。

まぁYahoo!がSMS認証を諦めてくれるのが一番楽なんですけどね・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク