NECの無線LANルーター「Atermシリーズ」にセキュリティホールが

あるそうです。

Aterm製品におけるクロスサイトリクエストフォージェリの脆弱性

対象は2011年以前に発売されたAtermシリーズ全機種とのことで、我が家のルーター「AternWR9500N」もバッチリ該当製品に入っていましたが、2012年7月に出たファームウェアVer1.0.14で既に対策が取られていたとのこと。

そしてウチのは既にバージョンアップ済だったので取りあえずは一安心です。

ちなみに対応ファームウェアのまだ出ていない機種については「クイック設定Web」を開いたらブラウザを完全に終了する、というのが回避策として上げられていますが、Safari(さらには同じブラウザエンジンを使っているAndroid)についてはBASIC認証をクリアしないといけない模様です。

Atermをお持ちの方は是非一読されることをお勧めします。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク