HDL2-A4.0とETG-DS/USでnet.USBをベンチマーク

『そういえばLANDISKにもnet.USBの機能がついていたなぁ』という訳で、ネットワーク経由でUSB機器が使える元祖net.USB「ETG-DS/US」とネットワークHDD「HDL2-A4.0」とでベンチマークしてみました。

両者ともUSB2.0までの対応ですが、デバイスの方が足を引っ張っては駄目だろうと思い、今回はBUFFALOの外付SSD「SHD-PE32G-RD」チョイス。

そしてCrystalDiskMarkで測定した結果は以下の通りとなりました。

I-O DATA ETG-DS/US

I-O DATA HDL2-A4.0

ほほぅ、世代が違うと速度も随分違うものなんですねぇ・・・。

もっともHDL2-A4.0の場合、本職はNASなので、ネットワークドライブとしてベンチマークを取るともっと速い訳ですが(汗。

そんな訳で、net.USBという規格はストレージを繋ぐにはオーバーヘッドが大きすぎるみたいなので、高速化のメリットが得られるとしたら地デジチューナーとかデータ転送量の多いデバイスを繋ぐ場合くらいでしょうかね?


Array

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク