Gmailの良いところ、Outlook.comの惜しいところ

独自ドメインでメールが使いたかったのでこれまでGoogle AppsのGmailを使っていましたが、Outlook.comでも独自ドメインが使えるという話なので試してみました。

Windows8同様の見た目が果たして万人受けするのだろうか?という疑問は残るものの、Microsoftが満を持して投入しただけあって使い勝手はGmailより上ですね。

例えばGmailでエイリアスアカウントを作ろうと思ったらニックネームを追加した後でメールアドレス追加、という2段階の手順が必要ですが、Outlookではオプション画面で単にエイリアスを作成すればOKです。

そして一番大きいのはOutlookの方がパーツ配置が上手なためか画面を広々使える点で、ノートPCなど解像度に限りがある環境だとこの’差は見過ごせません。

という訳でOutlookへ乗り換えよう、と思ったら1つ問題が。

Gmailでは「username+hogehoge@gmail.com」というメールアドレスは「username@gmail.com」と見なされるので、通番のようなメールアドレスがとても簡単に作れるのですが、残念ながらOutlookにはそのような機能が見当たりません。

この+付きアドレスを上手に使うとサイト毎にメールアドレスを簡単に変えられるので、スパム業者とかにメールアドレスが漏れた時に流出元が一発で分かって大変便利なんですよねぇ・・・。

しかも既にいくつかのサイトは+付きアドレスで登録済なので、諸々の手間を考えるとこれまで通りGoogle Appsを使った方が良いみたいです。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク