QNAP TS-219P II運用開始

WD RED WD30EFRXも届いたことだし、ツクモの初期不良期間が過ぎる前に動作確認するべく、QNAP TS-219P IIを設置してみました。

現在運用中のQNAP TS-119と比べると、HDDベイが2つに増えてCPUがMarvell 6281 1.2GHzからMarvell 2.0 GHzへとパワーアップしているのが大きな違いとなりますが、転送性能についてはシーケンシャルアクセスは読み書きともに微増で、ランダムライトが大幅増といったところです。

TS-119

TS-119

ts-219

ts-219

まぁ使用しているHDDがBarracuda ES.2とWD REDでそもそも違っているというのもありますが、ランダムライトの向上っぷりはCPUの寄与するところ大だと思います。

これで我が家のQNAPは2台体制となりましたが、これまで使用していたTS-119はバックアップ専用機として余生を過ごして貰う予定です。


Array

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク