DVI-I→D-SUB変換ケーブル

DVI-I出力をD-SUB15ピンへ変換するためのアダプタはビデオカードに付属していたりするのでよく見かける事と思います。

しかし変換アダプタだとケースの後ろがコネクタの分だけ出っ張ってしまって意外と邪魔です。

ならばDVI-Iオス⇔D-SUBメスのような形状のケーブルがないか探してみたのですが、これがまたかなりニッチな製品のようで、I-O DATAのDA-DV/Aなる製品くらいしか見つける事が出来ませんでした。

ただいくらニッチだとはいえ、コネクタが2つ繋がった極短のケーブルが4,000円弱というのは流石にどうかと(汗。

せめて1,000円程度の価格に収まってくれたなら買ってみようか、という気にもなるのですが・・・。






Thinkpadでドライバーを簡単にインストールする方法

とりあえずネットワークドライバとThinkVantage System Updateをインストールして、あとはSystem Updateに任せるというのが正解っぽい。

「System Update」というから既にインストール済のソフトだけ更新するのかと思いきや、未インストールのドライバやツール類を根こそぎインストールしてくれるので、OSインストール直後に使っても全然平気でした。

ただ、ネットワークに繋がらないことには話しにならないので、最低でもネットワークドライバだけはインストールする必要がありますが。

これまでこの手のツールは滅多に使わなかったのですが、ノートPCみたいにインストールする必要のあるソフトが多数ある場合は使わないと損ですね・・・。



スポンサーリンク