ATOK for Androidの2タッチ入力で読点【。】を入れる方法

マニュアルを読んでも見つけられなかったのですが、結構卑怯な入力方法だったのでメモ。

まず、そもそも「2タッチ入力」とはなんぞやと言うと、遙か昔に流行ったポケベルと同じ入力方法で、

  1. 「あかさたなはまやらわ」に相当する1~9のいずれかの数字
  2. 「あいうえお」の母音に相当する1~5のいずれかの数字

の組み合わせで文字を表現します。(例えば「と」ならば「45」と入力)

2タッチ入力は慣れるまでは時間がかかりますが、キーの入力数は携帯打ちよりも確実に減るので、携帯入力の苦手な私としては、2タッチキーの方がまだしっくりと来ます。

ところがAndroid版ATOKの2タッチキー入力は『、』を1タッチ目に入力すると、2タッチ目の選択肢として『。』が出て来そうなものなのに、どうしても『、』しか入力出来ず途方に暮れてしまいました。

仕方がないので読点を入力したい時だけQWERTYキーモードにするという小手先の対応をこれまで取ってきましたが、本日偶然読点を入力する事に成功しました。

その方法とは、『、』『、』とゆっくり入力するのではなく『、、』と連打する事で『。』へ変換できるみたいです。

うーん、これは盲点だった・・・、というか、マニュアルに書いておいてよ(苦笑。


Array

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク