エルサウンドのプリメインアンプ「EPWS-5」に驚いた

アパート住まいのため大音量が出せないという住宅事情もあり、ヘッドフォンと比べるとどうしても見劣りしていた我が家のスピーカー環境ですが、イマイチ納得のいかなかった原因がアンプにある事がエルサウンドによってはっきりしました。

エルサウンドは所謂ガレージメーカーというやつで、個人の好みに合わせて色々とカスタマイズしてくれたりするのですが、今回はスタンダードモデルの「EPWS-5」を入手。

メーカーのHPではパワーアンプと紹介されていますが、ボリュームに加えて切替スイッチまで付いているので、正しくはプリメインアンプになると思います。

そして特筆すべきは出力がたったの5Wしかない点で、これだけみるとパソコン用のアクティブスピーカーの方がパワフルじゃないかと思ってしまいがちですが、なかなかどうしてブリブリ鳴らしてくれます。

というか、出力90WのONKYOのA-7VLよりも力強い音が出るって一体どうゆうことだ(汗。

エルサウンドの評判を色々調べてみたところ、大音量で鳴らす場合は大型アンプよりも劣るという話ですが、ウチみたいにニアフィールドで必要十分な音量で聞く用途だと全く問題もありません。

くそっ、A-7VL、結構高かったんだけどなぁ・・・・。これはもう処分するしか無いのか。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク