天地無用のUSBハブ

  1. あれ?入らない
  2. ひっくり返しても入らない
  3. 元に戻したら入った(怒

というように、50%以上の確率で刺さらない事で有名なUSBポートですが、そんな日常から解き放ってくれる素敵アイテムが登場した模様です。

バッファローコクヨ、世界初のコネクタをどちら向きでも挿せるUSB Hub(PC Watch)

最初から上下どちらでも刺さるような規格にしておいてくれればこんな不便な思いをしなくても済んだはずなのですが、パソコンの周りを見渡してみると、不思議と方向性のある端子ばかりなんですよね。

あれって何か理由があるのでしょうか・・・?

P.S. よくよく考えてみたら天地無用って「逆さま厳禁」だから意味が逆だった(苦笑。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    PCパーツの話になりますが、かつてFDドライブ用コネクタというのがあって方向を挿し間違え最悪パーツが損傷することもあったとか。それでPC周辺では「逆挿しできるような上下対称形のコネクタはダメな子」という風潮になったのかもしれません