ThinkPad X201sのバッテリーが早くも寿命を迎える?

稼働してまだ1年ちょっとしか経っていないのに、ThinkPad X201sにインストールしている「ThinkVantage」から

ご使用のバッテリは、充電を維持できていません。可動性を維持するには、今すぐバッテリを交換してください。

なる警告が出るようになってしまいました。

ウチのX201sは基本的にはACアダプタを繋いだままにしておいて、使わない時はスタンバイにしていたのですが、この運用方法が思いの外バッテリーに悪影響を与えてしまった模様です。

劣化してしまったバッテリーを復活させる手段として、一度完全にバッテリーを空にしてから再充電するという方法がありますが、ThinkPadの場合、省電力マネージャーにある「バッテリーのメンテナンス」機能を使うとそれを自動でやってくれるみたいなので、ダメ元で試してみたところ、無事復旧したみたいです。

ちなみにX201sの充電設定をよくよく見てみると、「常に満充電を行う」モードになっていたのも1つの原因みたいなので、今後は「自動で調整を行う」モードにしておいてしばらく様子を見てみたいと思います。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク