CoregaのギガビットNAS「CG-NSC-4500GT」を静音化

内蔵ファンがかなり五月蠅いという前評判は聞いていましたが、想像を絶する騒音のためファンの静音化にチャレンジしてみました。

電源ファンもかなり騒々しいのですが、これを交換する勇気はないため、今回は背面の8cmファンのみを交換することに。

元々付いていたのは15cm厚の8cmファンですが、電源コネクタが特殊形状のため、電源ケーブルをスパッと切断してコネクタ部分を流用。

一方、交換先となるXINRUILIAN RDL8015Sについてもケーブル部分から切り取って、

付属ファン RDL8015S
黄色 白色
黒色 黒色
赤色 赤色

になるように接続。

そしてNASを起動したところ、無事静音化に成功しました。

まぁこの状態でも相変わらず電源ファンがそれなりに気になるため、枕元に起きたいとは絶対に思いませんが(苦笑。

とはいえ、効果は確実に出ているので、故障覚悟でやった甲斐はあった模様です。

ちなみに、CG-NSC-4500GTはファンの回転数が1,800rpm以下になると警告音を発するため、あまり低回転のものは避けた方が良さそうです。


Array

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク