Drobo 5NにSamsung 840EVO mSATA 120GBを載せてみた

何の因果かSamsung SSD 840 EVO mSATAの製品レビュアに当選してしまったので、申請時に記載したとおり、NASケース「Drobo 5N」のmSATAスロットに挿したらどうなるのかレビューしたいと思います。

まず始めに「Drobo 5N」の特徴を軽く説明しておきますと、

  1. 接続はGigabit LANのみ
  2. HDDを5台まで搭載可能
  3. DroboAppsという拡張プラグインが導入可能
  4. よくあるRAIDと違い、HDDの容量がバラバラでも冗長構成が取れる
  5. mSATA用のSSDを挿すと読み込みキャッシュが効く

という感じのちょっと珍しい機能を搭載したNASケースになりますが、今回はmSATAスロットのお話がメインとなります。

まずはセッティングですが、ケースの底にmSATAスロットが付いているので、msata-slot

カパッと開いたら840EVO mSATA 120GBを装着。msata-slot2

準備はこれだけで、あとはDroboの中の人が勝手に認識してくれます。drobo-dashboad

ダッシュボードからもmSATA SSDがはっきりと確認できます。

そんな訳で期待のベンチマーク結果は以下の通りです。

まずはmSATA SSD無しバージョン。drobo-normal100 drobo-normal1000

一応、データサイズを100MBと1000MBの2パターン取ってみましたが、4K QD32で思ったよりも差異が出ています。

Drobo本体にも多少キャッシュが搭載されていて、その影響が出ているのかもしれません。

続いてmSATAスロットに840EVOを挿したバージョンをば。 drobo-evo100drobo-evo1000

・・・何か、あんまり変わってないような?(汗。

一応、100MB時に4K QD32でそれなりの伸びが見られますが、あとはほとんど誤差レベルですね・・・。

これは追試が必要だと判断し、秘蔵(というか死蔵)のCrucial M500 120GBと交換した結果がこちら。drobo-crucial100drobo-crucial1000

げっ、M500の方が速い(汗々。

M500よりも840EVOの方が確実に性能は上なのにこの結果とは、ちょっと頂けないですね・・・。

まぁDroboで使えるmSATAカードの一覧に載っているのはMarvellやIntelのコントローラを積んだ製品のみで、SamsungやSandforceのコントローラを搭載したSSDについては全く触れられていないので、ちゃんとチューニングされていないということなんでしょうか?

ちなみにSSDのコンパチブルリストには「Sandforce、ダメ、絶対」と書かれているので、mSATAスロットについてもSandforceコントローラは辞めた方が良さそうですが、Samsung 830や840についてはコンパチブルリストに掲載されているので、今後のファームウェアアップデートでmSATAスロットの方も正式対応する可能性は十分期待出来そうです。

そんなこんなで今回の結論。

「Droboに840EVOは時期尚早」

うーん、残念・・・・。

→Amazonで購入

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク