Lenovo IdeaCentre 560のメモリ交換は対応規格に要注意

IdeaCentre 560は空きメモリスロットがないので、メモリ容量を増やそうと思ったら現在刺さっている2本とも交換しないといけないのは注意が必要ですが、もう一点、メモリの規格にも気を配る必要があります。

CPUがIntelであったならそこまで気を付けなくても大丈夫なのですが、AMD(特にGPUを内蔵しているAPU)の場合、高速メモリであればあるほど性能が伸びるので、予算の許す限り速い規格のメモリを買うべき、なのですが、自作PCと違ってLenovoのようなメーカー製PCの場合は対応しているメモリ規格に制限があります。

それというのもツクモやパソコン工房など所謂PCパーツショップで売っているメモリは多くの場合、XMPという規格を前提としたもので、自作PC用のマザーボードであれば大抵対応しており、よしんばXMPに対応していなくてもBIOSでメモリ速度を変更することが可能なので、まず問題になることはありません。

ところがメーカー製PCの場合、XMP非対応というのが普通で、かつBIOSでメモリ速度が変更できるものなど例外中の例外と言っても過言ではなく、XMP対応のメモリを挿すと多くの場合、DDR4-2133という現在流通しているメモリの中で一番遅い速度になります。

これはXMP以外にSPDという設定(というかXMPよりもSPDの方が規格としては先に出来た)があり、そこにDDR4-2133と書かれているため、XMP非対応の環境ではSPDの通り、DDR4-2133で動くことになります。

一方、IdeaCentre 560の標準構成のメモリはSPDがDDR4-3200であることから、差し替えるメモリもSPDがDDR4-3200のものを選ぶ必要がある、という訳です。

そんなこんなで前置きが長くなりましたが、IdeaCentre 560で選ぶべきメモリはSPDがDDR4-3200(一般にネイティブDDR4-3200対応と言われている)メモリなのですが、これがまた困ったことに、ネイティブDDR4-3200対応のメモリの方が少数派なんですよね・・・。

16GBセット(8GBx2枚組)で買いやすいところで言うと、crucialのCT2K8G4DFS632Aか、CFDのW4U3200CM-8GR(実は代理店が違うだけで中身はcrucial)が入手性からするとお勧めですが、他にもSamsungのバルク品あたりはたまにパソコン工房でセールやっていたりするので、お目にかかる機会もあるかと思います。

ちなみに我が家のIdeaCentre 560は、かつて一世を風靡したJetRamの名前を久々に見かけて思わず買ったTranscend JM3200HLB-16GKという16GBセットのメモリを採用しています。

こちらでも問題なくDDR4-3200で動作していますが、JetRamは取り扱っている店舗が少ないので、やはりお勧めはCFDかcrucialですかね?

なお、CFDやcrucialのメモリの中にはネイティブではなくXMPでDDR4-3200対応となっているメモリもあるので、その点は十分ご注意を(ヒートシンクやらLEDやらついているメモリはXMP対応なので、なるべく簡素な見た目になっているかが一つの目安かと)。

→Amazonで購入

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク