2017/03/25のお買い物、ASRock Fatal1ty X370 Gaming K4

今日はRyzen 7 1700X用にSocket AM4マザーを買いに秋葉原へ。

当初はMicroATX狙いだったため、Arkで在庫があったBIOSTAR B350GT3とGIGABYTE GA-AB350M-Gaming 3のどちらかで決まりかけたのですが、じゃんぱら秋葉原2号店で中古のASRock X370 Taichi@28,800円とASRock Fatal1ty X370 Gaming K4@17,800円を見つけ、しばし逡巡。

一度はオーバークロックでCPUの上限を探るためにマザーボードはそれなりのものを買った方がよいかと方向転換してじゃんぱらでASRock Fatal1ty X370 Gaming K4をお買い上げ。

オーバークロック用途としては当然X370 Tachiの方が適しているのでしょうが、11,000円という価格差と、個人的に不要な機能に対するコストがその価格に含まれていることを考えるとイマイチに思えたため、Fatal1ty X370 Gaming K4で妥協することに。

まぁX370 Taichiより劣るとはいえ、B350GT3やGA-AB350M-Gaming 3よりは電源回りがしっかりしてそうなので、1MHz単位で上限を探るようなことでもしない限りはFatal1ty X370 Gaming K4でも十分かと。

ちなみにCPUは1700を買う気満々で3/15にJoshinで発注済だったのですが、10日経っても入荷する気配がないため、一端キャンセルして即納状態だった1700Xを買いなおす羽目に。

そのためCPU代が41,900円から50,540円へと予定よりも9,000円ほどお高くなってしまいましたが、Wowma! for au(旧auショッピングモール)の1,000円引きクーポンに17%ポイントアップキャンページ分を考慮すると、結果的にトントンで収まってくれて助かりました。

→Amazonで購入

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 加藤 より:

    突然のメール大変申し訳ありません。どうにも解決できず、お知恵を貸して頂ければとおもい、不躾ながら連絡させて頂きました。mimaxについてのご相談です。

    Miflashツール(ベータ版)にて、can not read from port4のエラーが出てしまうのです。解決方法をご存知であればお教え頂きたいです。

    以下経緯です

    mi max 32gb グローバル Stable版にECRModを焼く為、まず、チャイナdeveloper版をmiflashベータ版で焼きました。ここではSUCCESSになったのですが、起動するとMIロゴから全く動かなくなってしまった為(FastbootモードもEDLモードも起動します)再びmiflash にてグローバル developer版を焼こうとした所、上記のcannot read from port4というエラーが出てしまいました。
    pcはwin7 32bitです。win10 64bitも所有していますが、同じエラーがでます。

    大変お忙しい所恐縮ですが、もし、解決法をご存知であれば、宜しくお願い致します。

    • ぽぽろ より:

      SUCCESSになるのであれば、書き込み自体は問題ないように思えるので、もしかするとMIロゴで止まっているように見えて、裏では動いているのかもしれません。

      #確か起動するまで5分くらいかかったような記憶があります