ビクターの小型スピーカー「SX-WD30」を試してみた

PCのシステム音の他にはニコニコやYouTubeが聴ければいいや程度で選んだScytheの小型スピーカー「SCKCM-1000」でしたが、約10cm四方というサイズではやはり限界を感じてしまうので、新スピーカーを導入してみました。

今度もフルレンジのスピーカーですが、サイズはもう一回り大きめのビクター「SX-WD30」というモデルで、「SCKCM-1000」と比べると木目調でちょっと高めに見えます。

音の方は、「SCKCM-1000」で感じでいたスカスカの低音がかなり緩和され、これなら及第点をあげても良いと思いました。

サイズがサイズだけに沈み込むような超低音は全く期待出来ませんが、本気で聴く用のシステムは別にあるので、それほど問題にはならないです。

全般的にトゲの無いやさしい音がするので、クッキリハッキリした音を期待していると残念な結果に終わりそうですが、BGMでゆったり聴くのには向いていると思います。

ちなみに私の好みはクッキリハッキリ系なので、正直あまり好きでは無いのですが(苦笑、設置場所の制約からこのサイズでとなると選択肢がほとんどなく、ある程度は割り切るしか無いのが現状です。

まぁ値段もそれほど高くなく、このサイズでこの音が出るならコストパフォーマンス的には決して悪くないので、十分妥協できる範疇ではありますが。


Array

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク