NEC AtermWR9500NからI-O DATA WN-AC1600DGRへ乗り換え

IEEE802.11ac搭載のThinkPad X240をオーダーメイドしたのに合わせて、自宅の無線LAN環境も11ac化すべく、I-O DATA WN-AC1600DGRを設置してみました。

これまで使っていたのは11n/450Mbps対応のNEC AtermWR9500Nなので、子機が11acで無いと意味がないのですが、X240がまだ届かないのでまずはThinkPad X201sで動作確認をしてみることに。

WR9500Nはルーターではなくアクセスポイントとして利用しているので、WN-AC1600DGRもAPモードにセット。

そしてLANケーブルを差し替えたらDHCPから自動でIPを拾ってくれたので、特段難しい設定も必要なくリプレース完了。

で、肝心の通信速度については前と全く変わらず15MB/sあたりが上限の模様です。

もっとも、これについてはクライアント側が11nである以上、大差がつく訳もなく言わば至極真っ当な結果ですが、一番最初に測定した際はこれまでの半分くらいの速度しか出ず、「やられた、誘爆を防いで!」という謎の台詞が頭の中をよぎりました(苦笑。

ただ、何度か測定を繰り返しているうちに次第に速度が安定してきて、最終的には誤差の範囲でかたづけられるレベルになったのでまぁ問題なしでしょう。

これであとはX240が届くのを待つばかりですが、正月休みを挟んでしまったのでまだもう少しかかりそうな感じですねぇ・・・・。


Array

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク