トレーダーがメッセサンオーを吸収合併

パソコン用周辺機器メーカー「シグマAPO」が倒産というのもそれはそれでニュースだと思いますが、個人的にはこちらの方が大ニュースですね。

メッセサンオーがトレーダーに吸収合併(ASCII.jp)

中古販売のトレーダーが新品販売のメッセサンオーを吸収合併というあたり、新品よりも中古の方が利益率が高いという話を裏付ける形となっていますが、まさかメッセサンオーがここまで窮地に陥っているとは思いもしませんでした。

今後、メッセサンオーの看板がトレーダーに変わる事があるのかはまだ分かりませんが、十分名の知れたメッセサンオーの看板を下ろすメリットはほぼ無いでしょうから、新品:メッセ、中古:トレーダーの図式はそのままなのでしょうね。

ちなみに、店舗の実力を計る上でゲームの購入特典というのは比較的分かりやすい物差しとなっていて、特典の絵柄が既存の流用で無く書き下ろし=販売数が多いショップという関係にあるのですが、中でも布物を定期的に付けてくるソフマップとメッセサンオーはおそらく最上位クラスだと思われます。

そんなメッセサンオーですら身売りという憂き目に会うあたり、ゲーム業界の先行きはやはり厳しいと言わざるを得ないようです。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク