QNAPの警告メッセージ「Migrate the HBS application to an SSD volume」を消す方法

QNAP TS-673でHybrid Backup Syncによるバックアップジョブを仕込んだところ、

警告 2022-04-04 06:20:00 System 127.0.0.1 Hybrid Backup Sync Job Status [Hybrid Backup Sync] Backup job “Backup 1”: The amount of data for backup is slowing down QuDedup. To speed up the process, migrate the HBS application to an SSD volume.

なる警告メッセージが毎回出るようになってしまいました。

TVS-951XでHBSを使っていた時は同期しか利用していなかったので問題なかったのですが、バックアップだと差分チェックのためディスクアクセスが頻発するため、HBSのインストール先としてSSDの利用を推奨している模様。

そこで使い道がなく放置されていたAgility Series 30GBを載せてみたのですが、容量が少なすぎるのかボリュームを作成することが出来ず断念。

他に余っている2.5インチのSSDはないか探してみたのですが、100~200GB前後の手ごろな容量のものが見つからなかったため、仕方なく東芝の512GB SSD「THNS512GG8BBAA」をインストール。

今度はボリューム作成出来たので、App CenterでHBSの移行先をSSDのボリュームへ指定しアプリケーションを移動させたところ、次回のバックアップからは無事警告メッセージは消えてくれました。

ただ効果の程については正直かなり疑問で、HDD時代に1.43GBの差分転送で21分かかっていたのが、SSDだと1.96GBで23分と、速くなっている感が全くないです(汗。

データ自体はHDDに格納されている以上、アプリ部分だけSSDに載せることに果たして意味があるのか甚だ疑問でしたが、わざわざ警告メッセージを出すくらいだからきっと意味があるのだろうとQNAPを信じた自分が愚かだったようです・・・。

ちなみに結果的に無意味なこの警告メッセージですが、残念ながら明示的に停止させる方法は無いようで、対策としては

  • 警告を気にない
  • 効果はないけどSSDを使う

の二択の様子(汗汗。

今のところドライブベイに余裕はあるのでSSDを使う運用にしていますが、HBSだけだと1GBくらいしか使用していないので、小容量のSSDが使えない仕様がさらに迷惑度を上げている感がありますね・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク