メインPCをCore i9-10900T ESにリプレイス

ここ最近は夏用PCとしてASRock DeskMini X300 with Ryzen 5 PRO 4650Gをメインで使っていたのですが、Core i9-10900TのES品が思いの外快調なので、これを機にリプレイスしてみました。

  • CPU Intel Core i9-10900T
  • CPUクーラー Noctua NH-L9x65
  • マザー ASRock Z490 Phantom Gaming-ITX/TB3
  • メモリ CORSAIR CMK16GX4M2A2666C16R  DDR4-2666 8GB×2
  • VGA PowerColor AXRX 5700 ITX 8GBD6-2DH Radeon RX 5700
  • SSD ADATA SX8200PNP 512GB
  • 光学ドライブ Panasonic UJ880AS DVDスーパーマルチドライブ
  • ケース SilverStone SST-SG08B
  • 電源 Thermaltake Toughpower SFX 450W

今回採用したSilverStone SST-SG08Bは光学ドライブ付きなのが便利なんですが、電源ケーブルを逃がす場所がないのが欠点で使用頻度が低かったのですが、SFX電源にATX変換アダプタを噛ませて取り付けてみたところスッキリ収まるようになり、なんでもっと早くにやらなかったんだろうかとちょっと後悔・・・。

ちなみに当初はFractal Design ION+ 560Pに交換する気満々だったのですが、奥行きが15cmあることに開封後に気づいてそのままそっと箱を閉じたのでした(苦笑。

それ以外に予想外だったのはCPUクーラーの選択肢の少なさで、ASRock Z490 Phantom Gaming-ITX/TB3の裏面に付いているM.2スロットがCPUクーラーのバックパネルと干渉しやすく、SilverStone NT06-PROでファンレス運用する予定が断念。

代替としてその辺に転がっていたCRYORIG C7を取り付けようとしたのですが、こちらもバックパネルが微妙に当たるため、最終的にNoctua NH-L9x65で落ち着きましたが、発熱量に対して正直オーバースペックなので、機を見てIntel純正クーラーにでも差し替えようかと思います。

→Amazonで購入

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク