MSI MPG B550I GAMING EDGE WIFIに一言物申したい

AMD Ryzen 5 PRO 4650Gとセットで購入したMSIのMini-ITXマザー「MPG B550I GAMING EDGE WIFI」をセットアップして困ったことに気づく。

このマザー、ディスプレイ出力がHDMI2.0の1個だけだった・・・。

B550チップセット搭載のMini-ITXなマザーボード全5種類のうち、

  1. ASRock B550M-ITX/ac
  2. ASRock B550 Phantom Gaming-ITX/ax
  3. ASUS ROG STRIX B550-I GAMING
  4. GIGABYTE B550I AORUS PRO AX

はDisplayPort/HDMIに両対応だったので、『ああ、B550のMini-ITXマザーはみんなデュアルディスプレイ対応なのね』と早合点した自分が120%くらい悪いのは間違いないのですが、今どきディスプレイ端子を1つしか付けなかったMSIの落ち度も5%くらいあるんじゃないかと主張したいところです(苦笑。

そこで仕方なく新たなマザーボードを物色しに秋葉原へ行ってみたところ、ソフマップAKIBA②号店 パソコン総合館でASUSのMicroATXマザー「TUF GAMING B550M-PLUS」が14,190円と妙に安くなっていたのでお買い上げ。

通常16,000円くらいするマザーなだけあって、マルチギガビットLAN搭載だったり、対応CPUが無くてもBIOS UPDATEができる「USB BIOS Flashback」に対応していたりと、機能面では十分満足のいくレベルです。

「MPG B550I GAMING EDGE WIFI」と比べるとI/Oパネルが一体型でない点が惜しいですが、まぁ失くさないよう注意すればいいだけのことなので特段問題ないかと。

→Amazonで購入

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク