KUSANAGI for ConoHaにおけるWordPressの「PHPの更新が必要です」警告対策法

数日前からWordPressの管理画面上に「PHPの更新が必要です」の警告が出てくるようになったので、「yum updateでもするか」とまるっと更新したのですが、何故か警告が消えてくれません。

当方のWordPressは普通のレンタルサーバーではなく、KUSANAGIというオールインワンパッケージをConoHaのVPSで利用しているのですが、逆に言えば普通に更新してもダメというのはどうも納得がいかないので、色々調べてみた結果、「PHPの更新が必要です」というメッセージは実は間違っていることが分かりました(汗。

まぁ「間違っている」だと少々語弊があるので「正確ではない」と言うべきなのかもしれませんが、環境構築時にPHPでなくその互換環境のHHVMを選択したのが原因だったようで、kusanagiコマンドで

$ kusanagi php7

を実行したところ、HHVMからPHPへ実行環境が変更され、無事アラートも出なくなりました。

HHVMってKUSANAGIをインストールする際、デフォルトで選択されるので、同じような境遇に陥っている人が他にもいるんじゃないかという気がしますが、ググっても同様の事例が意外と出てこないのが不思議です。

皆さん自力で解決してるんですかね・・・?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク