mineoのソフトバンクプラン(Sプラン)を契約してみた

サブ回線で使っているY!mobileが契約更新月を迎えたので、別のキャリアへ乗り換えようと色々検討した結果、最終候補に残ったのはmineoのSプランとLinksMateの2択でした。

遅いが当たり前のMVNOのうち、2018年11月現在で実用的な速度を保っていると言えるのは

  • LINEモバイル(ソフトバンク回線)
  • LinksMate
  • mineo(ソフトバンク回線)
  • UQモバイル
  • Y!mobile

のたった5社しかないので、比較検討も然程大変ではないのですが、ドコモ回線ならLinksMate、au回線ならUQモバイルは安パイとして、ソフトバンク回線の場合はLINEモバイルが一番速そうではあるのですが、mineoの方が微妙に安いので、まぁしばらく使ってみて駄目そうなら本命のLINEモバイルへ移ればいいや、という感じで今回はmineoをチョイス。

mineoは普通に契約すると事務手数料3,000円を取られるのですが、Amazonでエントリーパッケージを買うとたったの335円なので、当然のごとくエントリーパッケージを使って申し込み完了。

そして中2日ほどでSIMカードが届いたのですが、まさか郵便で送られてくるとは思わなんだ・・・。

まぁ事故にあったら再発行してもらうだけですが、ここまでコスト削減しなくてもなぁ、という感じです。

とりあえずOPPO R15 Proに差して使ってみたのですが、MVNOの真の実力が試される平日午後12時半過ぎでも3Mbps弱出ているので、中々健闘していると思います(体感的にはちょっと引っ掛かりを感じるレベル)。

今後もこの速度を維持してくれるなら、わざわざLINEモバイルへ乗り換えずに継続して使ってもいいかな?、と思いますです。はい。

→Amazonで購入

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク