まさかこの平成の世の中にRAID非対応のSSDがあるなんて

GIGABYTE GA-F2A85XM-D3HでRAID5を組んだところ、どうにも挙動が怪しいため、オンボードRAIDは諦めてMegaRAID SAS 9260-4iを導入してみたところ、やっぱりOSインストールに失敗するので、どうやら犯人はSSDで間違いないようです。

SSDでRAIDを組むとガベージコレクションが上手く働かず速度劣化するという話はよく聞きますが、RAIDを組むことすら出来ないというのは新しいですねぇ・・・。

今回使用したSSDはMach Xtreme Technologyの「MXSSD2MDS-50G」というコントローラーにSandForce SF-1200を搭載したモデルですが、Mach Xtreme Technologyは既に廃業しているため、ファームウェアアップデートも期待できず、どうやらRAIDで使用するのは諦める他ないようです。

このSSDは昨年パソコンハウス東映で購入した物ですが、店内のPOPに「RAIDにお勧め」とか書かれていて、『なるほど!、お勧めなのか!!』と思って4台買ってしまったのが悔やまれます(苦笑。

そして今となってはシングルドライブで使うには性能的に少々物足りないので、これはもうお蔵入りですかねぇ・・・?



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク