スライド式Ultrabook「エプソンEndeavor NY10S」「MSI S20 0M-004JP」「ドスパラ Note Erdes Book ST1」を比較してみた

キーボードがスライドするタイプのノートPCはSONYのVAIO Duo 11や東芝dynabook R822が出て以降、パッタリ途絶えてしまっていましたが、ここ最近立て続けに新製品が登場したのでスペック比較してみました。

モデル名 Endeavor NY10S MSI S20 0M-004JP Note Erdes Book ST1
CPU Core i7-3537U Core i5-3337U
チップセット HM77
メモリ 8GB 4GB
液晶ディスプレイ 11.6型
フルHD
マルチタッチ 10点
ドライブ 124GB SSD 128GB SSD
USB 3.0×2
有線 1000Base-T
無線 11b/g/n
BT4.0
本体サイズ 303×197×19.8 mm、1.19Kg 300×196.5×19.8 mm、1.16Kg 302.6×196.1×19.2 mm、1.16Kg
バッテリー 6時間 6時間(?) 8時間
価格  119,980円 109,800円 129,980円

こうしてみると、駆動時間の面でドスパラが一歩リードしているものの、CPUとメモリはエプソンが数歩上を行っている感じです。

まぁあと半年もすればHaswell搭載のUltrabookが出てきそうな雰囲気なので、そのタイミングで(恐らく出るであろう)VAIO Duo11の後継機を買うのが正解だとは思いますが、今選ぶならエプソンですかね?

→EPSON DIRECTで購入

エプソン Endeavor NY10S



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク