(KH-K1000+ATH-A700)÷2=ATH-K1000

KENWOODのヘッドフォン「KH-K1000」の側圧があまりに弱いので、オーディオテクニカのATH-A700からアーム部分を取り外してKH-K1000へ取り付けてみました。

改造方法は

  1. イヤーパットを取り外す
  2. 表れたネジを外す
  3. ドライバーユニットを外す
  4. アームをハウジングから外す
  5. 逆の手順で組み立てる

という感じですが、ATH-A700は片出しコードなので、左右のドライバーユニットを繋ぐケーブルがアームの内部を通っているのが最大の難点でした。

これをどうにか取り外す必要があるのですが、どうにも取り外す方法が見つからなかったので諦めてケーブルを切断してしまいましたが、おかげでATH-A700は完全にゴミに・・・。

とはいえKH-K1000の装着感は格段に良くなったので、ATH-A700の犠牲は決して無駄ではないのですが、コストパフォーマンス的にはどうなんでしょうねぇ?

今回はイヤーパットもHP-A1000へ取り替えているため、かかったコストは中古のATH-A700が4,750円に新品のHP-A1000が2,500円也ですが、出来上がったKH-K1000改は、ATH-W3000ANVの低音をブーストさせてオーテク臭を取り除いた感じで、我が家だと使い分けが非常に難しい一品に仕上がってしまいました。

まぁATH-W3000ANVは傷つくのが怖くてあまり手荒に扱えない分、KH-K1000の方が気軽に使えて良いですが。

ちなみに見た目はこんな感じに仕上がりました。

見た目は悪くないですね。


Array

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク