Thinkpad X201sのSSDをKingston SNVP325-S2/128GBに換装

ThinkpadにはMach Xtreme Technology MXSSD2MDS-200Gを搭載していましたが、これを他へ転用するためKingston SNVP325-S2/128GBに換装しました。

しかしThinkpadのドライブ交換は簡単でいいですねぇ。

ネジ一本を外せばマウンタごと取れるので、あとはドライブを入れ替えるだけで元通り。

今回は容量が減る方向への換装なのでドライブコピーはせずに新規でWindows7をインストールし直しましたが、換装時間コミコミでも1時間ほどで作業終了。

ベンチマーク結果はこんな感じで。

SNVP325-S2の中身はアイオーデータ扱いの東芝製SSD「SSDN-ST128B」そのものなので、ベンチマークのスコアもほぼ同じです。

これまで使っていたMXSSD2MDS-200Gよりも4K QD32のスコアがかなり落ち込んでいるのが気になりますが、体感上は区別が付かないのでまぁよしとしましょう。

それよりもOSを入れ直した事で空き領域がかなり増えたという副産物の方がありがたかったです。

やっぱりOSは定期的に入れ直した方が何かと良いですね。


Array

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク