ASRock X470 Taichi Ultimateの電源選定は要注意

そろそろRyzen 7 5800Xを使おうかと、秘蔵のASRock X470 Taichi Ultimateを開封してみたところ、CPU用電源が8Pin+4Pinであることが発覚。

ThreadRipper用のマザーボードだと8Pin+8Pinとか普通にあるので、存在自体は別に驚きではないのですが、まさかSocket AM4用でも要求されるとは・・・。

調べてみたらところ、ASRockのATXマザーだと8Pin+4Pinはよくある構成のようですが、使用頻度の高いMicroATXやMini-ITXは8Pinばかりだったので完全に盲点でした。

まぁ電源周りを手厚くすることに異存はないのですが、そうなると使用する電源のハードルが一気に高くなるのが難点で、ATX電源は800Wクラスのものを選べば大抵8Pin+8Pinに対応しているのでいいとしても、今回組み込もうと思っているThermaltake Core G3ってSFX電源なんですよね・・・。

高出力タイプのSFX電源って以前より選択肢は増えましたが、それでも8Pin1本だけというパターンが結構多くて、8Pin+4Pinがいける電源を探してみた結果、候補に残ったのは

  • COOLER MASTER V SFX Gold 650W
  • InWin CS700W
  • SILVERSTONE SST-SX700-LPT
  • SILVERSTONE SX650-G(V1.1)

の4機種のみでした。

このうちSILVERSTONEはリビジョンによって構成が違うようで、万が一8Pinが1本しかない古いリビジョンを引いてしまうと困るのでまず脱落。

残ったCOOLER MASTERとInWinを比較した結果、値段がこなれてきているInWin CS700WをアプライドPayPayモール店で注文することに。お値段12,700円也。

V650 SFX GOLDは10年保証だったり、セミファンレスだったりと、中々良さそうではあるんですが、発売から間もないモデルなので、買うとしたらもう少し安くなってからかなぁ・・・?

→Amazonで購入

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク