QNAPとCyberPower CP550JPでネットワークUPS

QNAP TVS-951XとDrobo 5Nはシュナイダーエレクトリックの無停電電源装置「APC ES 750」に繋いでいたので先日の地震起因の停電でも問題なかったのですが、配線の都合上、離れた場所に置かれていた録画サーバ(foltia ANIME Locker)とQNAP TS-673が無防備なのが気になったので新たにUPSを手配することに。

購入したのは550VAのCyberPower CP550JPで、お値段7,860円也。まぁYahoo!ショッピングの3万円以上で使えるクーポンを適用するためにMSI MAG H670 TOMAHAWK WIFI DDR4@26,950円も合わせ買いしているので果たしてどちらが主なのか非常に怪しいですが(苦笑、これで停電でわたわたすることもないのでまぁ妥当な投資だと思います。

そしてさらなる対策として、ネットワークUPSなるものも試してみました。

以前よりUPSとケーブルで繋ぐことで停電時に自動でシャットダウンする機能は普通に使われてきたかと思いますが、このネットワークUPSというのはUPSに直接接続しているマシン以外に対しても連動してシャットダウン動作できるという優れもので、今回はCP550JPと直接USB接続しているTVS-951XをUPSサーバ、リモート側のTS-673をUPSスレーブとして設定してみました。

マスター側(TVS-951X)

スレーブ側(TS-673)

面白いのがスレーブ側でもUPSの状態が確認できる点で、これならちゃんと連動していることも確認出来て安心です。

ちなみにハブもUPSで保護しておかないと意味ないのでそこは要注意ですが、こんな便利機能があるならもっと早くに導入しておくんだったなぁ・・・。

→Amazonで購入

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク