古いPCだとZalman ZM-VE400の仮想CD機能が使えない?

実家にお古のPCを送ろうと思って、久々にAOpenのSocket AM2ベアボーン「XC Cube MZ68」を引っ張り出してきたのですが、OSインストールでいきなり躓いてしまいました。

OSのインストールメディアはちょっと気を抜くとすぐ行方不明になるので、我が家では基本的にOSインストール用に仮想CD機能付のUSB HDDを重用しているのですが、MZ68に繋ぐとブートに失敗してしまいます。

BIOS上では仮想CDが見えているし、ブート順も最上位に設定しているのですが、なぜかスルーしてしまい、正直お手上げです。

遙か昔のPCだとUSB CDブートに非対応という場合もありますが、5年前なら外付USBドライブはそれほどレアでもなかったですし、BIOSから認識できているのですから、それでブート出来ないというのは腑に落ちません。

一応光学ドライブも内蔵しているので、まぁCDブートすればいいのですが、前述の通りちょっと気を抜いてしまったため、WindowsのCDが行方不明です(苦笑。

さぁて、こうなっては仕方が無い。ZM-VE400の中に入っているISOイメージをメディアに焼くという空しい作業に移りますか・・・。


Array

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク