foltia Anime Lockerの不調の原因が判明

ここ最近、foltia Anime Lockerをインストールしている我が家の録画サーバの調子が悪く、ASRock Rack C2750D4Iでリプレースを検討していたのですが、実はサーバ自体は全く問題なく、アンテナ線に取り付けていたブースターが原因と断定されました。

以前ブロックノイズに悩まされていたことがあり、その際もブースターを取り付けたら解消されたので、今回も最初に疑ったのはブースターの故障だったのですが、

  1. ブースターを取り外すとチャンネルスキャンに失敗するので、ブースターは動いていると判断
  2. ただ性能が劣化している可能性を考慮して新しいものと交換してみたがC/N値は殆ど変わらないのでやはり問題なし

と考えたのですが、真実は

  1. 実際には経年劣化で出力が落ちていた
  2. ところが新しいブースターはパワーが有りすぎて信号がサチってしまい、見た目のC/N比が向上していなかった

ようで、ブースターの出力を最低レベルに設定したところC/N比が16チョイから30オーバーに完全回復しました(汗。

アンテナ出力は高すぎても低すぎても駄目だというのは知識では知っていたのですが、まさか自分が嵌るとは・・・。

という訳で今回得た教訓は、

  • チャンネルスキャンに失敗する場合はブースターを入れる
  • チャンネルは引っかかるけどブロックノイズが酷い時は出力レベルが高すぎないかチェックする

の2点ですかね?

さて、昨日買ってしまった2枚のPT2はどうしてくれようか・・・。

→Amazonで購入

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク