Shuttle X5000をパワーアップ

Windows8も出ることだしタッチパネル搭載の一体型PC「Shuttle X5000」を少々パワーアップしてみました。

とはいえ弄ることの出来る場所はほとんどないので、メモリを2GB増設して3GB化、HDDを「Corsair Force Series 3 120GB」へ換装。

チップセットがIntel 945GC+ICH7なので本来ならSATA3.0対応のSSDへ変更しても意味が無いですが、Force Series 3はコントローラーがSandForce SF-2281なせいもあって、そもそもトップスピードが出ることが稀なのでまぁ丁度よいでしょう。

ちなみにCPUはAtom330なので絶対速度的には全く期待できませんが、SSD化の甲斐あってか体感速度的にはWindows7で使う分には特段遅くない程度なので、Windows8でもまぁ何とかなるのではないでしょうか?



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク